SEOとは?専門用語を使わずに分かりやすく解説。

あなたがビジネスを始めていたら、WEBマーケティングは必要不可欠となる。
しかし・・・・

「WEBマーケティングってよくわからへん。」
「SEO?なんか聞いたこともあるけれどよくわからへん。」
「パソコン関係ってあんまり得意やないんやけど・・・」

という方のために、SEOとは?WEBマーケティングとは?
についてなるべく専門用語を使わずにサクッと解説していきます。

ところどころ関西弁が出てくるのは許してね(笑)

 

SEOとは?

SEO(検索エンジン対策)とは?
分かりやすく解説すると、例えば、「大阪 串カツ おすすめ」と検索して
1番最初に表示されるのと、10番目に表示される、50番目に表示されるのでは、実際にお店に訪れてくれる人数(来客人数)は全然変わってくるよね?ということ。

想像してもらったら、何かを検索するときに、大体1~5番目に表示されるのを見て、気になるタイトルの記事をクリックしているはず。

だからこそ、SEOを専門(生業)にしている人は血眼になって、1番目に表示されるように戦っていたりします。

・集客力 ☆☆☆☆
・販売力 ☆☆☆☆
・取り組みやすさ ☆☆☆
・コスパ ☆☆☆☆☆
・おすすめ度 ☆☆☆☆

SEOのメリット・デメリット

SEOのメリットは、上位表示されたら、ある程度ほったらかしで自動集客システムが手に入ること。しかも無料で。実際に、ほぼほったらかしで月収100万や200万円を稼ぐ人もザラにいます。

反面、デメリットは、時間がかかること。上位表示させるためには3か月~12か月もかかることも。
しかも、1位を取れたとしても、ある日突然に圏外(100位以上)に飛ばされることもある。

※大阪駅前に出店していたのに(1位)、ある日突然にド田舎に移転させられるようなもの(圏外)。こんなことがWEBの世界では起こえる(笑)SEOで生計を立てている人は戦々恐々していたりする・・・

あとは、SNSでは自分の想いを伝えて共感してもらい、集客に繋げることがやりやすいですが、
SEO対策では、その点がやりづらさを感じます。判断するのがGOOGLE(簡単にいうとAI)なので。SEOならではの対策が必要となる。

そういった意味で、SNSのような自己表現はしにくい場面も、このあたりは、SHOはSNSのように自己表現しながらSEOでも上位検索が取れないか?研究中です。

いわば、WEBの世界の「農業」のようなもので、コツコツ地道に取り組める人には、特におすすめです。

リスティング広告とは?

これについて、まず画像をみてもらったほうが分かりやすいです。

リスティング広告説明

例えば、「ホテル」で検索したとしましょう。

赤枠部分は、リスティング広告。
これは、「ホテル」と検索された時に、お金を払って一番目立つ部分に表示させることができます。

下の青枠部分が、SEO対策をして1位を取っているサイトです。これはコツコツと努力を積み重ねた結果で、無料で表示されている。

・集客力 ☆☆☆☆☆
・販売力 ☆☆☆☆☆
・取り組みやすさ ☆☆☆
・コスパ ☆☆
・おすすめ度 ☆☆☆☆

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告とは、お金を払って上位表示できます。資金的に余裕がある人にとっては、ALL5つ星評価もできます。
例えば、「鬱 解消」「スマホ おすすめ」「大阪 ヨガスタジオ」なんて検索した人のTOP表示されたら・・・
そのまま購入してくれる可能性は高いよね。ということはすぐに想像がつきますよね。

メリットは、即効性が高いこと。お金さえ払えば、購入意欲が高いひとをジャンジャン集められること。
デメリットは、お金がかかること。費用対効果をきちんと考えないと、お金を垂れ流しにすることも。

きちんと採算が取れれば、単純化すると5000円の広告費を払って10,000円の商品購入に繋がるような仕組みができます。

ちなみに、お金が発生するのはクリックされた時だけ。表示されただけではお金は発生しません。

ブログマーケティングとは?

ブログについては、改めて説明する必要もないので省きます(おいっ笑)

有名なブログサービスと言えば、アメブロ、はてなブログ、あたりでしょうね。
特に、アメブロはブログ+SNS的要素もあるので、人気を集めています。

こうしたブログサービスは、手軽に始められて良い点もあるのですが、
やはり自分でビジネスを始めていく上で、必要不可欠なのが、独自ドメインでのブログ運営(主にワードプレス)です。

独自ドメインとは、自分で土地を買って一軒家を立てるようなもの。
アメブロなどのサービスは、めちゃくちゃ大きいマンションの無料スペースを間借りしているようなもの。
ブログマーケティングは、SEOと相互関係になります。

・集客力 ☆☆☆☆
・販売力 ☆☆☆
・取り組みやすさ ☆☆☆☆
・コスパ ☆☆☆☆☆
・おすすめ度 ☆☆☆☆

SHOの周りでは、アメブロを使っているかたも多いので、特別にアメブロだけ☆評価をしておきやす。

・集客力 ☆☆☆
・販売力 ☆☆☆
・取り組みやすさ ☆☆☆☆☆
・コスパ ☆☆☆☆
・おすすめ度 ☆☆☆

アメブロって、手軽で始めやすくおススメではありますが、巨大マンションの無料スペースを間借りしているようなものです。
管理人(アメブロ)の指示に従わないと、すぐに強制退去させられることも(笑)※アカウント削除

それってすんげぇ不自由だと思うんですよね。SHOは。
で、結局は自分ブランドではなく、アメブロブランドの高めていることにもなるんすよっ。(急に軽い口調に 笑)

だからこそ、アメブロでバリバリ記事更新されている人は、必ず独自ドメインを取ってワードプレスでも運営することを強くお勧めします。
また、独自ドメインやワードプレスについての詳細は別記事にて。

SNSとは?

SNSとは、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのサービスの総称です。
「オモシロい!」「共感できる!」「感動した!」などの心を大きく揺さぶる投稿は、大反響を呼ぶことも。

・集客力 ☆☆☆☆
・販売力 ☆☆☆
・取り組みやすさ ☆☆☆☆☆
・コスパ ☆☆☆☆☆
・おすすめ度 ☆☆☆☆

SNSのメリット・デメリット

SNSのメリットは、自分の世界観やビジョンに対して共感を得られやすいところ。
特に、女性だと、自分の想いを発信するための最高のWEBマーケティングツールだと思います。
共感を得ることができたら、波及効果でどんどん繋がりが増えてくることも。
無料で、気軽に始められることもGOOD。

デメリットは、毎日追っかけてくれないのと、情報が届かない点。
ちゃんと自分ブランドを発信して、心を掴みファンにしていかないと、なかなか成果に結ぶつかないことも。

あとは、共感や感情が大切な空間なので、ビジネス色が強いひとは一気に嫌われる可能性もある(笑)
特に、男性の場合はそこんとこはお気をつけを。

 

 

 

はぁ、書いていて疲れてきた(笑)
もうこれぐらいでいいですか?(笑)

 

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。

 

 

 

読んでいるかたも疲れてきたと思いますが、SHOもしっかり疲れています。
お互い頑張りましょうww

 

 

 

メルマガとは?

ちょっと時代の最先端ではなくなってきましたが、まだまだ使える有益なツールです。

・集客力 ☆
・販売力 ☆☆☆☆☆
・取り組みやすさ ☆☆
・コスパ ☆☆☆☆
・おすすめ度 ☆☆☆☆

メルマガって唯一、自分からコンタクト仕掛けられるツールなんですよね。
基本的に、他のツールは相手から来てもらわないといけません。検索してもらう、フェイスブックを開いてもらうなど。
お客さんと継続的に濃い関係性を築けるWEBマーケティング手法となります。

メルマガ読者とは、あなたに(サービスに)少なからず興味を持っている人たちだけ。
だからこそ、販売力は群を抜いて高いです。
メルマガ送信するだけで、300万、500万、1000万稼げたなんてことも。

メリットは、そういった販売力の高さですが、他のWEBマーケティングと違い手軽さはありません。
ブログ書いて、SNS更新して、メルマガ・・・・・も書くなんて大変だ・・・・・とおざなりになってしまう人もいます。

しかし、ファンと濃い~~~~関係性を築くためには、欠かせないものですよっ!

 

 

他、しれっと書きましょう。

ディスプレイ広告・・・・インターネットやSNSをしていて、出てくる広告画像です。リスティング広告と比べて即効性に関しては期待薄。

ECサイト・・・ZOZOTOWNといったインターネット上での商品販売サイト。SHOの近くでは物販やっている人は少ないので省略します。

YOUTUBE・・・動画マーケティングですね。撮影や編集といった作業があるので費用対効果が合わないことも。販売力も効果は薄く、SEOのように継続的にコツコツ配信していける環境作りができなければ、上記で紹介したWEBマーケティングである程度の成果が出てきてから手を付けるのが吉。

サクッとまとめ

サクッと解説するつもりが、思った以上にカロリーを消費した・・・笑
このようにWEBマーケティングは様々な種類があります。

即効性やお金に余裕があるなら、リスティング広告が成果を出すには手っ取り早いです。
SEOは長期安定的に数字を出していくためのもの。せっかくブログやSNS更新しているならば、SEOについてきちんと学んでおかないと勿体ないです。

SEO知識が100あって100学ぼうと思ったら大変ですが、20知っておくだけでも必ず役立ちします。(感覚値として)
また色々と記事更新していきますねー。